サイトへ戻る

【掲載】九州DIYリノベSTUDY2016

福岡ビルストック研究会

· NPO福岡ビルストック研究会

今年は「福岡DIYリノベWEEK2016」に至るまでに、4回シリーズの勉強会「九州DIYリノベSTUDY2016 公開勉強会 & 大阪先進事例視察」を行いました。

そのきっかけは、私たちが実感として持っている「DIYって空き家・空き店舗を使って、お金をかけずに町に活気を取り戻せてるんじゃないの?」という体験を、理論で理解しようとした試みです。

その第2回のレポートが全国誌に取り上げられましたので、ご紹介させて頂きます。
ーーー
不動産オーナーの勉強会「オーナー井戸端ミーティング」の皆さんを、主催した本会にお招きさせて頂きました。

今回も大阪より大阪市立大学 西野 雄一郎 (Yuichiro Nishino)先生にアドバイザーとしてご参加頂くなか、登壇頂いたのは福岡・大川・宗像・熊本で独自の手法でストック再生に着々と実績を積み重ねられている新世代の方々。

福岡の城南区からは 吉浦ビル 吉浦 隆紀さん よりまち活性化のための町カフェによる新たな「上長尾テラス」の取り組み。

中央区清川からは、廃墟ビルを f-garage へと驚くべき再生に持ち込まれ、しかも宗像のご実家の屋敷と納屋と山を、宗像シェアハウス、シェアオフィス、ツリーハウスで再生される 谷口 竜平さん。

家具の町 大川で職人クリエイターチームを結成され、今年の「福岡DIYリノベWeek」に初参加される 88's garage 池上 潤さんから 大川で再生中の店舗系木造建築のお話し。

そして、熊本のリノベーション界を引っ張られる、アスター代表 中川 正太郎さん による熊本ならではの再生の試み。

いろいろと大変なことが起こる時代ですが、九州は昔も今もこれからも、オモシロイくなることがわかる2時間でした。

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。